着物deサッカー・ブログ編

アクセスカウンタ

zoom RSS 作品掲載情報 『悉皆屋篁御客様控』『唄う女』

<<   作成日時 : 2017/05/05 18:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

作品掲載誌のご案内です。


『悉皆屋篁御客様控』
その四 
「サクラミステリーデラックス」6月号 [メディアックス]

佃島にある悉皆屋が舞台の物語。
今回は、篁の主人・哲二の幼なじみ、
月島にあるもんじゃ焼屋の娘・千夏が依頼人。

持ってきた訪問着にはべったりソースの汚れが。
実はお見合いに着る予定の着物だったのですが
どうやら知夏は見合いには乗り気ではない様子。

その理由が自分にあると知らない哲二は
見合いを成功させようと義姉に着物指南を頼みます。

そんな中、千夏は月島の写真を撮りに来た
山田という男性と知り合うのですが、
ろくに写真も見ていなかったため
彼が見合い相手だとすぐには気付きません。

知夏の想いの行方は…?

というお話です。
佃島の写真を撮りに行った時に
もんじゃ焼きで有名な月島が近いということで
いつかこの題材で書こうと思っていました。
これを描く前に、わざわざもんじゃを食べに行ったりして。
私は関西人なので、お初でしたが
う〜ん、やっぱりお好み焼きの方が好きかな。



『唄う女』 「ほんとうに泣ける話」6月号

両親をなくし父の親友に引き取られた羽藤亜莉亜。
オペラの舞台に立つのが夢で留学を望んでいた彼女は
義父の死で莫大な財産を得て、イタリアに旅立つ。

やがて、日本人留学生や地元の富豪
さまざまな男達を踏み台にしてのし上がって行った亜莉亜は
有名なオペラのコンクールで、最高の賞を得る。

凱旋公演のために帰国した彼女を待っていたのは
病死とされた義父の死に不信感を持ち
ひと目見たときから亜莉亜が犯人だと
追い続けていた刑事だった。

新しいパトロン、昔の恋人、そして刑事。
さまざまな人の想いが渦巻く中、
凱旋公演の幕が上がる――。


“愛なんて蹴散らして唄だけにすべてを捧げる女”
というのを描いてみたいと思いました。
私自身はオペラを聴くことはあまり無いのですが
曲の解説やプリマドンナの書いた本を読んだりして
物語に生かしました。


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

サイト内ウェブ検索

作品掲載情報 『悉皆屋篁御客様控』『唄う女』 着物deサッカー・ブログ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる