着物deサッカー・ブログ編

アクセスカウンタ

zoom RSS 着物で美術展@学習院大学

<<   作成日時 : 2017/05/20 12:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

春の一日、『宮廷装束の世界』展を見に
友人と学習院大学へ行ってきました。
着ていった着物はこれ。

画像

帯の後ろはこんな感じ。

画像


宮廷装束ということで
帯は平安時代を思わせる源氏車の染めと
すぐに決まりましたが、
それに合う着物で有職文様のものがありません。
無地ではちょっと改まってしまうし。
ということで、とりあえず古典的な感じのする小紋です。

何度か書いていますが、母のものだったこの着物。
仕付け糸が掛かったままのものを
大切そうに見せてくれたけど
結局本人は身に着けずじまいでした。
案外帯が難しく、出番が少ないのですが
ちょうどいい機会なのでこれにした次第です。
着ると、こんな風。

画像


これも何度か書いていますが、私には少々ゆったりめ。
それでも身に着けることができるのは、着物のいいところです。
帯揚は春らしく明るい卵色。
帯留は古典模様を意識して、青海波。
帯締めは一部分に石畳が。

展示は「宮廷装束」ですが、古いものではなく
近代の皇室・華族の方々がお召しになったもの。
それゆえ、保存状態はよく
もちろん織りや模様は平安の御世を思わせて
広くは無い展示室ながら、充実した内容でした。

展示を楽しんだ後は、流れていたビデオで
十二単の着付けを見て装束の質感を感じ
大満足で見学を終えました。

その後、せっかくだからと古い建物の多い
学習院大学の構内を散策。
この日は、早めに開花したもののなかなか満開にならなかった桜が
散り初めて葉が出てきたあたり。
他に山吹や石楠花までが咲いていて、まさに百花繚乱でした。

その上、構内の由緒ある建物の案内図を見つけた私達は
親切な事務の女性にそのコピーをいただいて
貴族寮だった建物や乃木希典が住んだという乃木館、
血洗いの池なるぶっそうな名前の池などを
見て歩きました。

普段から構内で美術展をやっているせいか
学生達が着物のおばさん二人連れを
さして奇異な眼で見ることもなく。
建築物は申し込めば内部の見学もできるようで
この大学の懐の深さというか、そんなものを感じました。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

サイト内ウェブ検索

着物で美術展@学習院大学 着物deサッカー・ブログ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる