着物で同窓会@関西

高校の同窓会が、生まれた街でありました。
以前は大阪などでやっていたのですが
今回は地元JR駅直結のホテルにて。
雨もよいの日でも傘の心配がなく、助かりました。

着て行った着物はこれ。

190630_1.jpg

6月30日だったのですが、ひと足早く薄物、
夏結城の付下げです。
写真ではよく分からないと思うけど
袖の下の方と、身頃の裾の方にかけて
青緑色のグラデーションになっています。

帯は、焦茶色の麻地に麦の穂が染められていて
前は半円、後は丸い模様に。
写真を取るときに上下を間違えたので
正しいのは下の写真です。

190630_2.jpg

帯留は、こちらも少し早いけど、蜻蛉。
帯揚にも刺繍の蜻蛉と、実はメダカもいたりして。
一日雨の予報の割に、
ホテルから駅まで少し傘を差しただけですみました。
それでも、電車などでは他の人の傘の雨粒が恐いので
雨ゴートを着てましたけど。
紬と言えども絹なので、雨には弱いのです。

同窓会は、卒業以来初めて会う人や
在学中は話すこともなかった男子
(みんないい年だけど、高校の同窓生だと
「男子・女子」なんですよねえ…)
とも話すことができて、
とっても楽しい時間でした。

会の前に友人と行った民族衣装展も素敵だったし
前日1人で登った安土城跡もよかったし、
(筋肉痛になったけど
梅雨のさなかとはいえほぼ思い通りに動けて
充実した関西旅行でした。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村