作品掲載情報 『月に棲む女』

作品掲載誌のご案内です。


『月に棲む女』
「別冊サクラミステリーデラックス」6月号

作品を描いた当時好きだったミュージシャンの
LP(懐かしい…)の曲からヒントを得ました。

まるで別の世界に棲んでいるような女を
どうしても手に入れたいと執着する男。
でも女性は上流婦人でもなんでもなく
よくある小さなバーの雇われママ。

金と権力があれば何でも手に入れられると
男は思っていて、様々なものを用意しますが
女性は全て拒否して自由でいたいと
その手からすり抜けてしまう。
男に残されたのは、金と権力で
手に入れたものを必死で守るだけの日々――

というようなお話です。
現実には作中の女性のように
お金にも物にも執着しない
というわけにもいきませんけどね。
私は贅沢をしたいとは思わないけれど
自分の好みに合った物に囲まれて
暮らしたいとは思います。

漫画は、ひと時現実の自分から離れ
「こうあってほしい」
「こうなりたい」
という世界を描きます。


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村

着物でビデオ通話@自宅

着物で、どころかお出かけ自体が出来なくて、
普段着でグダグダしているのが嫌になって
「そうだ!家で着物を着よう」ということで
ちょうど誕生日を迎えた日、
家族と着物でビデ通話しました。
着物は、これ。

200426_1.jpg

この後家事もあったので、化繊ですが
季節にふさわしい、藤の模様。
帯は少し藤色がかった灰色の武田菱模様。
帯揚と帯締は、薄い卵色です。
写真ではよく分かりませんね。

帯周りはこんな感じ。
200426_2.jpg

帯留はアールデコ模様の七宝です。
根付代わりに、2月に京都で買ったタッセルを。
和装のバッグに付けるつもりだったけど
お出かけが無くなってしまったので、
ここで使いました。

私は藤の花が好きで、何年か前
足利の藤の名所まで見に行ったりもしました。
今年は花を見に出かけることはできないけど
ここは田舎なので、買い物に行く途中でも
躑躅や木藤、新緑を見ることができます。

しばらくはそれで我慢しつつ
家で仕事をすることにします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村