テーマ:旅行

着物でおでかけ@日本海

なぜ日本海かと言いますと、 船でのディナーで、日本海を航行中だったからです。 チョイスした着物はこれ。 青灰色単衣無地の着物に御所車の染帯。 ちょうど6月1日で、もう袷は着られないし といって薄物には早すぎるしで、 決まり通り単衣です。 でも上旬だから、帯は冬にも締められる塩瀬の染帯。 帯揚は青磁色と白で、清…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

着物で食事@クルーズ船

少々前になりますが、 鳥羽までクルーズに行ってきました。 2回のディナーのうち 和食の日に着物を着ました。 選んだのは、これ。 まだ4月だったので、春らしい色の小紋。 帯は海をイメージした藍色地に リボンのような線が入っています。 帯揚は小紋の中に入っている灰色。 写真では三分紐にイルカの帯留ですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋

お久しぶりのブログ更新になってしまいました。 いや、別に何があったわけでもなく 夏の終わりにそろそろ更新しなくちゃ~ とか思ってるうちに9月半ばからは色々忙しくて それが10月末まで続いて やっとのんびりできるようになったら 今度はのんびりしすぎちゃって。 その間、「作品掲載誌情報」や「着物でおでかけ」やら ネタはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お一人様の箱根・熱海 【3】

旅行3日目。 予報どおり天気は回復し、雲は多めながら陽が差しています。 泊まった宿の一番のポイントは レストランから一望できる熱海の海でしょう。 皆さんソファーに移動して 景色を眺めながら朝のお茶など飲んでいましたが 喫煙可だったので私はパスしました。残念。 この日のテーマは「海を見ながら温泉に入る」です。 熱海は案…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お一人様の箱根・熱海 【2】

旅行2日目は、ず~っと雨でした でもそれは織り込み済み。 かなり前から天気予報でそう言われていたので 屋内でのお楽しみを計画していました。 すなわり、立ち寄り湯。 といっても土曜なので大きな施設は激混みでしょう。 きっと家族連れで大にぎわい。 なので、ホテルのフランス料理付き日帰りプランにしました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お一人様の箱根・熱海 【1】

今年最初で、多分最後の“旅行”です。 10月の間、東北のほうまで紅葉を見に行きたくて そわそわとネットで情報を探したりしていたけれど機会が持てず 結局今頃になったので 温泉を優先して箱根にしました。 とはいえ土日を含んだ日程で1人の宿を取るのは大変。 観光地ではビジネスホテルのようなシングルがほとんど無く 大枚を払えば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の旅【おまけ編】

旅の間に拾った幕末ネタです。 まずは島原にある揚屋・角屋へ向かう途中。 いきなり、これです。 壬生の屯所も近いですしね。 帰宅してから調べたらここは旅館が増築のさい お風呂を独立させスーパー銭湯のようにしたものだとか。 次に京都に行く時は泊まってみたいものです。 そして『角屋もてなしの美術館』で二階座敷の説明を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の旅【紅葉編2】

さて、琵琶湖西岸に泊まった翌日は 坂本にある日吉大社にお参りしました。 全国の日吉・日枝神社の総本宮だそうで 私鉄の駅から歩くと まずは立派な大鳥居から広い参道が延びています。 奥に見えるのは比叡山、 道の両側には延暦寺の里坊がいくつも並んでいます。 来る前は比叡山を横断して京都側の瑠璃光院まで 行こうかと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の旅【温泉編】

京都に温泉があるのか? とお思いの方もいらっしゃるでしょう。 正確に言うと私が泊まったのは滋賀県大津市雄琴温泉です。 何故ここを選んだかというと。 そもそもはじめは26日(土)から出かけるはずでした。 が。 紅葉シーズンの京都、宿はど~っこも空いてません。 少なくともネットで探した限りでは。 そこで範囲を滋賀まで広げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の旅 【紅葉編・1】

京都旅行の二日目、ここからが紅葉狩り本番です。 早めに宿をチェックアウトしてバスで左京区一乗寺へ。 ここにある圓光寺がちょうど見頃という情報だったので 近くの詩仙堂、金福寺と共に回ることにしました。 こちらには「十牛の庭」と呼ばれる回遊式庭園があり ご本堂の座敷から見た様子は「額縁紅葉」と言われているそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の旅 【着物編】

物好きにも数時間の美術館めぐりのために 京都まで着物を送った私。 幸い天気に恵まれて雨の心配もなさそうなため ちょっと薄い色の紬を着ることにしました。 それが、こちら。 あまり秋には着ない色だけど こげ茶色のぜんまいが織り込まれているので それほど春っぽくはならないかなと。 帯は、深い紫のタイシルクにしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の旅 【美術編】

なんのかので、このところ年1回は行っている京都。 紅葉の季節真っ只中というのは初めてです。 事前に旅行会社のサイトやブログで色づきを何度も確認し 効率のいい移動方法を調べ、泊まるところや列車を手配し。 いざ、京都へ。 さて、今回の目的は紅葉とそして美術展です。 初日は日曜なので紅葉の名所は激混みだろうと まずは美術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ、北へ行こう 【交通編】

いまさら、というほど時間が経ち 交通事情も変わってきていますが 予告していて書かないのもナンなので。 4月22~23日に福島へ行こうと思ったのは その数日前でした。 箱根からの突然の行き先変更。 1泊なので車で行くのは少々疲れそう。 道路事情も良くないらしいし。 というわけで新幹線で行ってレンタカー という方法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ、北へ行こう 【お店編】

もう2週間たってしまいましたが、 南西に行く予定を変えて、北へ向かいました。 福島で花を見、会津で歴史に触れ。 花見についてはこちらの記事 会津についてはこちらの記事に書きましたが 今回はそこで訪れたお店についてです。 普段旅先で物販店に入ることのあまり無い私ですが たまたま泊まった旅館でもらった観光パンフレットに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ、北へ行こう 【会津編】

花見山、滝桜と福島の花を堪能したあとは 磐梯熱海で温泉を満喫しました。 そして翌日は早朝(自分比)から会津へ。 この日、午後から雨という予報でした。 前日も同じ予報で、降ったのは夜だったから 大丈夫なような気もしたけれど ここはやはり用心して、屋内の施設見学は後回し、 歩く必要のある場所を最優先しました。 すなわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ、北へ行こう 【花見編】

以前から、福島県の花見山というところに 行ってみたいと思ってました。 「桃源郷」とまで言われるその場所は しかし、シーズンになると大混雑。 そこへ出かけていくのもなあ、と ずっと行けずにいたのですが。 今年は東日本大震災でツアー旅行はどこも中止。 自粛ムードで、個人旅行も少なそう。 こんな時に付け込むみたいでどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんこもり関西旅行顛末記・4(三宮~羽田)

旅行の目的である同窓会の記事をアップして すっかり終わった気になっていましたが、 まだ続きがあるんです。 神戸からの帰りは飛行機にしました。 新幹線より早いし安いし「旅行をした!」という気分になれます。 何より最近海外へいけない私にとって 新しくオープンした羽田空港国際線ターミナルが 見学できるというのが嬉しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんこもり関西旅行顛末記・3(同窓会)

京都で目いっぱい観光をした私は 二日目の午後、ようやく同窓会の場所三ノ宮へ。 ここでのホテルは京都と違い駅から5分。 とはいえ12時半ではチェックインは無理だろうと あらかじめ送っておいた着物を手に 更衣室へ行くつもりでした。 が、何ともう部屋へ入れるとフロントからの嬉しい言葉。 おかげで誰に遠慮することなく着物を広げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんこもり関西旅行顛末記・2(京都洛北)

さて、旅行一日目の夕方 「料亭の調理場で作って朝持ってきた」というお弁当を抱え向かったのは 洛北にある某セミナーハウス。 なぜここに泊まることになったかというと 京都の宿を手配しようと思った時点ですでに 市内のホテルがすべて満室だったからです。 後でそれはただ観光シーズンの土曜だから というだけでなく、APECのせいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんこもり関西旅行顛末記・1(京都四条~北野天満宮)

神戸での同窓会がきっかけで 京都でお参りしたい場所もあり 関西旅行とあいなりました。 いつもならこれから寝るという朝5時に起き 京都へついたのが9時半ごろです。 さて、荷物を預けてまずはお参り と思ったら。 コインロッカーがすべてクローズ APECのためというけれど、 それって横浜で開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南房総なう

思ったとおり間際までバタバタして 5分遅れで原稿を渡したあと 翌日には車を飛ばして南房総まで来ました。 こちらは酷暑の内陸部ほどには気温が上がらず 海風の吹く日陰に居れば、暑さは感じません。 夜中の寝苦しさだけは変わりませんけどね。 一昨日の海はベタベタの“凪”で、まるで湖のよう。 昨日の朝は、目の前にあるはずの海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの日の青い空

今日は気持ちのいい天気でした。 空が青くて、陽射しがあって、でも暑くはなくて。 来月旅行をする予定の、北海道みたいだなと。 今、色々手配しているんですけど 乗り物、移動の距離計算、宿の選択。 情報が多い分かえって迷ってしまって。 迷った末にハズすとダメージが大きいし。 どこに行こうか漠然と考えているときには楽しいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪女

先週のことですが、ちょっと北のほうへ出かけました。 染井吉野はまだ3分咲き程度だったけれど 枝垂桜は満開で、古刹に彩を添えていて。 ところが。 山のほうへ走ったところにあるホテルに泊まり 一夜明ければ。 こ~んな状況です。 そりゃあね、そのホテルは目の前がゲレンデで 「まだ滑れます!」っていうのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮崎取材・美味しい物編

取材が優先なので、時刻がずれたり店の無い場所だったり あまり美味しい物にめぐり合うことを期待していない取材旅行なのですが 今回は「当たり」でした。 まず、着いた日のお昼。 見学させていただく工房の東京店でもらった冊子に いくつか紹介されていたお店の中で 町の中心にあって行きやすいという理由で選んだ喫茶店に入りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取材で宮崎へ

先週は怒涛のような一週間でした。 まずは端唄の勉強会で一日お三味線。 そして1日置いて、宮崎まで取材です。 朝4時半はいつもならまだ起きているような時刻。 それでもアラームが鳴る前に目を覚まし羽田へ向かいます。 宮崎の予想気温が高いため、分厚いコートは避けて春物。 寒さに震えながら早朝で乗り継ぎの悪い電車を待って。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2泊3日の京暮らし

先日の京都旅行、友人達と4人上手くスケジュールを合わせて 念願の町家暮らしをしました。 なぜ「暮らし」なのかというと、気分の問題もあるけれど 町家の一棟貸しは法律的に宿泊施設の扱いではなく “賃貸”になるそうで だからほんとに3日間は「私たちの家」だったわけです。 係りの人から「重要事項説明」を受けて、早速屋内の探検へ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

着物で旅行@京都

紅葉にはちょっと早かったけれど、京都へ行ってきました。 一番の目的は「町家に泊まる」。 町家については別の記事にするとして、 ここでは着物のことを書きます。 現地で着物に着替えた事はありましたが 今回ははじめから着物。 新幹線ものぞみなら2時間半くらいなので それほど苦にはなりません。 とはいえ、座席で長時間揺ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海と池

朝は海辺を散歩です。 青い空と光る海、しゃれた別荘を見ながら 砂浜をてくてくと。 昼からは池の周りを散歩。 濃い緑と草いきれ、人っ子一人居ない遊歩道。 散歩の途中で見かけた花や虫。 ローズマリーの濃い緑の葉に囲まれた 白百合が印象的でした。 赤とんぼは生まれたてのような綺麗な赤。 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たのしいなつやすみ

都内は今日雷雨があったようですが 私が現在居る千葉県の先っちょでは 午後から夏空が広がり、 うっすら夕焼けも見られました。 昨日から海水浴場は結構な人出。 ニュースを見ていたら6日から 高速道路の割引が始まっているそうなので そのせいでしょうか。 水着で歩いてる子供達は真っ黒。 車から外に出ると強い日差しで眩暈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなとこに行きました

三石山観音寺。 大きな岩が3つ、まるでお堂の上に乗っているようです。 その大きな岩を穿って、小さな仏様たちが祭られていて。 巨岩に押しつぶされそうな細い階段を上ると 奥の院への道。 時間がなかったので上まで上がることは出来なかったのだけど はるか房総の山々を見渡せるということです。 この日は平日ながら夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more