着物deサッカー・ブログ編

アクセスカウンタ

zoom RSS 作品掲載情報 『悉皆屋篁御客様控・五』『花底蛇』

<<   作成日時 : 2017/07/22 17:58  

トラックバック 0 / コメント 0

作品掲載誌のご案内です。


『悉皆屋篁御客様控』その五
「別冊サクラミステリーデラックス」8月号[メディアックス]

悉皆屋篁のお得意様
菱竹屋呉服店の一人息子・一馬は
高校を中退して何もせずぶらぶらしている。
見かねた母親が、名古屋の親戚の下で
働かせようと、篁哲二に付き添いを頼む。

名古屋の有松で絞り染めの見学をする予定だったため
気軽に引き受けるが、一馬はあっさりと哲二を振り切って“脱走”。
頭がよく周りの大人を馬鹿にしている一馬は
織田信長が好きで、一人で桶狭間古戦場公園へと向かう。

その公園でちょっとしたいざこざから
19歳のはなに怪我をさせてしまい、家まで送って行くと
そこは哲二が見学に訪れた
有松鳴海絞りの括り名人、とよの家だった。

はなはとよの孫で、括りの技を習っているという。
足のけがで家事ができなくなったはなの代わりに
一馬が雑用をすることになるのだが、
絞り染め作家になりたいというはなの夢や
とよの素晴らしい括りの技に触れ
少しずつ心を開いていく――。

というお話です。

有松鳴海絞りの名人という高齢女性をテレビで紹介していて
その手わざの見事さ、志の高さに感動して
いつか物語にしたいと思っていました。

実際に有松まで取材に行くと
桶狭間古戦場公園がすぐそば。
そこで、主人公に信長好きの少年を持ってきて。
着物の流通に対する疑問も少々入れました。

私自身は、絞り染めの着物は好みではないのだけど
それを作る技そのものにはとても惹かれます。
北斎や広重の浮世絵にも描かれた有松絞り。
長い歴史が、これからも続いていくといいのですけど。



『花底蛇(かていのじゃ)』
「サクラミステリーデラックス」8月号[メディアックス]

スーパーで食品販売のアルバイトをしていた
仁科ゆりあは、偶然知り合った青年・薫から
父・功の経営する人材派遣会社に入らないかと誘いを受ける。

そこでイベントコンパニオンとしての研修を受け
めきめきと実力を付けたゆりあは
やがて広告代理店の勝木の協力を得て独立、
功の会社のライバルとなる。

社員を引き抜いたことへの報復として
事務所をめちゃめちゃにされ、
信用を失うゆりあだったが
仕事を辞めて自分の妻に、という
勝木のプロポーズに出した答えは―ー。

というお話です。
昔、向田邦子さんのエッセイの中に
「花底蛇―美しいは花の下には
恐ろしい蛇が隠れている」という言葉を見つけて
いつか描きたいと思っていました。

この作品の中で私が書きたかった台詞はただ一つ。
「玉の輿なんてつまらない」
自分の実力でのし上がっていく女性を描きたかったのです。



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

サイト内ウェブ検索

作品掲載情報 『悉皆屋篁御客様控・五』『花底蛇』 着物deサッカー・ブログ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる