着物deサッカー・ブログ編

アクセスカウンタ

zoom RSS 『陽炎の辻3』ロケ見学記(II-2)

<<   作成日時 : 2009/04/14 23:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今回の撮影、役者さんは3人だけ。
磐音様、おこんちゃん、刺客。

どうやら昨日はエキストラも使っての
にぎやかなロケだったそうですが
(その後にTVの生番組にまで出るなんて・・・)
本日昼間は、場面的には一つ。


ここから先、撮影シーンの描写があります。
ストーリーがわかるような場面ではないけれど
事前情報無しにTVを見たい方はご注意ください。

場所はいつもの橋の上です。
まずはおこんちゃんと2人。
なるべく磐音様の顔が見える位置で見学したいと
橋を横から眺められる場所へ移動します。

が、ここに、思わぬ障害が。

画像

柳が綺麗に芽吹いていて、それはいいのだけど・・・
役者さんたちの顔が見えない!
横に移動したりしゃがんだりして、何とか自分のたち位置を確保します。
撮影そのものにも柳の葉っぱは邪魔になったようで
スタッフが少し先を切っていました。
因みに先月はこんな感じ

この後、カメラに映りこまないように、と
より見えやすい場所で、という理由で
園内を行ったりきたりすることになります。

さて、磐音とおこん。
あらかじめ今日は雨と見込んでなのか
降る前から雨のシーンで、相合傘です。
傘に霧吹きで水滴をつけたり、スタッフも大変。

でもそのうち、本物の雨がまるで夏の夕立のように降ってきて
撮影は一時中断しました。
とはいえ、暗くならないうちに録りきらないといけないのでしょう。
小降りになったところですぐ再開。

今回、一番嬉しかったのは、立ち回りが見られたことです。
1対1とはいえ、事前に数回練習しただけで、
よくあんなに出来るなと感心しきり。
いつの間にか山本耕史くんは、坂崎磐音になりきっています。

通しで録って、剣のアップを録って、
人物のアップを撮って、
刺客の動きをハイスピードカメラで録って
それを見ているおこんを録って、
多分時間にすると数分のシーンを、
何度も何度も丁寧に重ねていくのです。

待っている間はスタッフが大きな傘をさしかけてくれているとはいえ
役者さんたちは着物に素足。
雨とともに気温は下がってきているというのに。
「どんな仕事でも楽なものはありません」
とは磐音のセリフだけれど、まさにその通りだと思いました。

今日の撮影が終わったとき
思わず見学者達からは小さな拍手が。
この後ファンの皆さんはお茶を飲んだりして
きっと今日の余韻に浸ったのでしょうけど
私は食事の用意があるので真っ直ぐ帰りました。
ああ、残念。

次のロケ見学があったら
「コージ友」を作るのが目標、かな?



よろしければ応援のクリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

サイト内ウェブ検索

『陽炎の辻3』ロケ見学記(II-2) 着物deサッカー・ブログ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる