着物でディナー@九州

1週間ほど、我が家のお墓がある九州に行っていました。
その間に2回着物を着たので、その時のことを。

まず1度目は、不思議な模様の小紋です。
母の物だったこの着物、楊柳のような経しぼが入っているのですが
由来を聞きそびれているためいつの時代の物かも分かりません。

画像


模様も変わっていて、
何だかアラビアの宮殿のように見える部分もあるので
勝手に「アラベスク模様」と呼んでいます。

帯は、櫛織というそうで
袋帯ながら軽い感じで締めやすく、重宝してます。
前帯に三つ鱗模様が一つだけあって
これをど真ん中に持ってくるか、ずらすか、いつも迷うところ。
今回は帯留を見せたかったので、あえてど真ん中に。
着るとこんな風です。

画像



もう一回は、こちらの訪問着を着ました。

画像


実は、おニューです。
と言っても誂えたわけではなく、リサイクル品。
しつけが掛かっていたし、まったく傷みもなかったので
誰かが着た物ではなく、注文流れか
既製品用に仕立てられた物ではないかと思います。

この着物を選んだ理由は、
まず持っている訪問着の中にない地色だったこと、
本来花柄は好きではないけれど
デザイン化された唐華がすっきりとシャープで
好みに合っていたこと、
光が当たると地紋の唐華が浮かび上がり
思いのほか華やかなこと、です。

もちろん、寸法も大事な要素。
裄も丈も長く、その割に身幅は広くなく
細長い私にぴったりでした。

帯は、七宝模様袋帯。
七宝の中に白銀で宝尽くし模様もあって
とてもおめでたい柄です。
写真で見ると金茶色ですが
実際に見た印象は、もう少し緑がかっているような。

帯留は唐華風に見える銀細工のブローチ。
帯の模様に、朱・紺・緑・藤と
さまざまな色が入っているので
帯締めは何色でもいいのだけど
ここでは、藤色にしてみました。
黄色と紫の組み合わせが結構好きなのです。

画像


着てみるとこんな風。
新しい着物は、実際に襦袢と重ねて着てみないと
裄や袖丈が合わなかったりして困ることがあるので
これは、その練習の時の写真です。
家でゆっくり着ているため、本番より綺麗にできてる!

その「本番」では、ドレスコードがあったのですが
さすがに着物の方はいらっしゃらず、私ひとりでした。
後で聞いたら「私も着たかったけど諦めた」
という方がいらっしゃいましたけど。

この訪問着は、大仰ではないので
端唄のおさらい会にも、ちょっとしたお食事にも
着ることができそうで、それも楽しみです。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村